2021/02/26 (Fri)

『しんどい時』
しんどい時にしんどいまま人生を終わらせるのはもったいない。しんどければしんどいほど、一番自分が楽しい、気持ちいいと思える瞬間があるはずですし、それを信じていたい。
●又吉直樹(お笑い芸人/作家)





2021/02/25 (Thu)

『志事』
私はよく仕事を「志事」と表現しています。人生の大半の時間をかける仕事を自分の志と一体化させ、天命・天職で生きるのが一番幸せなことです。
●橋ゆき(家事代行サービスの ベアーズ副社長)





2021/02/24 (Wed)

『過程を楽しむ』
何事もすぐに結果は出ません。過程を楽しめるようにならないと大きな仕事を成し遂げることはできないと思いますね。
●野口健(アルピニスト)





2021/02/23 (Tue)

『自分の価値』
仕事をしている以上、ダメなときもいいときもある。うまくいかないこともある、落ち込むこともある。でも「成績は右肩上がりを続けないとダメ」とばかりに、いちいち過剰反応するのではなく、「ああ、成績が悪かったんだなぁ、それなら、やり方を見直してみよう」「ああ、大きな失敗をしてしまった。でも、次にできればいい」でいいのです。晴れの日もある。雨の日もある。うまくいく日もある。いかない日もある。でも、それと「自分の価値」とは関係がないのです。
●心屋仁之助(こころや・じんのすけ*心理カウンセラー)





2021/02/22 (Mon)

『敗者復活制』
人生では、うっかり望ましくない道へと進んでしまうことも、たくさんあります。しかし、もう取り返しがつかないわけではありません。人生の仕組みは、「勝ち抜き制」ではなく、「敗者復活制」だからです。一度失敗したら二度とチャンスがないのが、勝ち抜き制です。しかし、人生では、何度でも、敗者復活のチャンスが与えられます。たとえ「望ましくない道」を選んでしまったとしても、その誤りに気づいて心を入れかえ、なんとか償おうと決心しさえすれば、いつでも、誰にでも、敗者復活の道は開かれているのです。
●飯田史彦(いいだ・ふみひこ*経営学者)





2021/02/21 (Sun)

『前向きで積極的な人』
前向きで積極的な人は不必要に他人に関わっていきません。他人のすることを放っておけること。これが能動的な人間のすることです。
●加藤諦三(社会学者)





2021/02/20 (Sat)

『いま置かれている場所』
自分のいま置かれている場所にあるチャンスに気づかず、他の場所に行けばもっと素晴らしいことができると考えている人間は気の毒です。
●オグ・マンディーノ(作家)





2021/02/19 (Fri)

『ストレス解消法』
ストレスは問題事から逃げることで解消してはならん。とことん考え抜いて、考え抜いて、解決策を見いだして実行に移す。そうすると、もやもやがスカッと晴れる。
●孫正義(ソフトバンクグループ会長)





2021/02/18 (Thu)

『生きること』
生きることは 体験すること
生きることは 悩むこと
生きることは 気づくこと
生きることは 活かすこと
生きることは それらを全部楽しむこと
●福島正伸(ふくしままさのぶ*アントレプレナーセンター社長)





2021/02/17 (Wed)

『心を耕す』
「心を耕す」とは、「わー、すごいな」「きれいだな」と感動し、共感を覚え、たくさんのことに気づく心を育てること。
●丹伊田弓子(にいだ・ゆみこ)






newoldmanagement

cgi-perl