2019/08/15 (Thu)

『幸福とは』
幸福とはその人間の希望と才能にかなった仕事がある状態をさす。不幸とは働くエネルギーを保ちながら、無為な状態にあることをさす。
●ナポレオン・ボナパルト(皇帝)





2019/08/14 (Wed)

『熱心に働く』
今取り組んでいることに関心を持ち、全力を傾けてそのことだけを考える。時計を気にせず、ひたすら続け、休みたくなったら必要なだけ休む。休んだあとは、また同じ集中力で作業に取り組む。熱心に働くことの価値と満足感を知っている人に世間は高い評価を下すものだ。
●エジソン(世界の発明王)





2019/08/13 (Tue)

『思い通りにならないこと』
思い通りになることに感動はない。思い通りにならないことに感動がある。
●福島正伸(ふくしままさのぶ*アントレプレナーセンター社長)





2019/08/12 (Mon)

『窮地はチャンス』
全てを失う危機感があるほうが、新しいアイディアや自分の才能が突如目覚めてくる気がします。窮地はチャンスだと思ってください。
●瀬戸内寂聴(せとうち じゃくちょう*僧侶・小説家)





2019/08/11 (Sun)

『他人の意見』
人は他人の意見をなかなか聞くものではありません。「正しいから聞く」のではなく、「この人が言うから、聞こう」と、関係が逆転していることをまず頭に叩き込んでください。
●林 修(はやし おさむ*予備校講師)





2019/08/10 (Sat)

『自己暗示』
脳は自己暗示にかかりやすいため、悲観的なことでも面白くとらえ直したり、楽しいことを考えたりするだけで前向きになり、潜在能力の邪魔をしている蓋を外すことができます。
●茂木健一郎(もぎ・けんいちろう*脳科学者)





2019/08/09 (Fri)

『プラス思考』
やってみる前から心配しても何の意味もありません。「私がやれば大丈夫」、「きっと何とかなる」というプラス思考に立って、物事をスタートさせましょう。
●瀬戸内寂聴(せとうち・ じゃくちょう*僧侶・小説家)





2019/08/08 (Thu)

『心遣い』
正確さも必要ですが、言葉遣いは「心遣い」でもあるといえます。常にふさわしい言葉を考える、相手の身になって言葉を選ぶといった心遣いが、何より大切ですね。
●井上明美(いのうえ・あけみ*マナー講師)





2019/08/07 (Wed)

『本当の幸せ』
病気や怪我をすると、当たり前に過ごしていた毎日がとても幸せなことだったと気づきます。「本当の幸せ」は、幸せな時には気づかず、自分が少し不幸になっている時にしか見えないものなのかもしれません。
●瀬戸内寂聴(せとうち・ じゃくちょう*僧侶・小説家)





2019/08/06 (Tue)

『知足』
私達は、無いものを描き、無いものを望むからいつも不満があり、自分の幸せに気づきません。「知足」、足るを知るということを忘れないでください。
●瀬戸内寂聴(せとうち・ じゃくちょう*僧侶・小説家)






newoldmanagement

cgi-perl