2020/08/03 (Mon)

『すべてがあなたにちょうどいい』
すべてがあなたにちょうどいい
今のあなたに今の夫がちょうどいい
今のあなたに今の妻がちょうどいい
今のあなたに今のこどもがちょうどいい
今のあなたに今の親がちょうどいい
今のあなたに今の兄弟がちょうどいい
今のあなたに今の友人がちょうどいい
今のあなたに今の仕事がちょうどいい
死ぬ日もあなたにちょうどいい
すべてがあなたにちょうどいい
●小林正観(こばやし・せいかん*心学研究家)





2020/08/02 (Sun)

『大変は大きく変わるチャンス』
何か事件が起きると「大変だ、大変だ」と言いますが、大変だという時は、「大きく変わる」チャンスです。宇宙のしくみ、構造として、損得勘定で、否定的な考え方をしていると損。肯定的な考え方をしていると得なのです。
●小林正観(こばやし・せいかん*心学研究家)





2020/08/01 (Sat)

『お蔭さま』
自分の力で商売をやっていると思っている人はどこかで必ずひっくり返されます。神様「お陰さま」は、驕り、高ぶり、自惚れ、傲慢さが嫌いなのです。一番好きな概念は「謙虚さ」というものです。どうも、私たちは自分の力で生きているのではないみたいです。
●小林正観(こばやし・せいかん*心学研究家)





2020/07/31 (Fri)

『川の流れのように』
目の前に起きてきたことに感想・論評・評価をしないで、笑顔で「はい、わかりました」と言って受け入れていくことだけ。
●小林正観(こばやし・せいかん*心学研究家)





2020/07/30 (Thu)

『没頭する』
成長は、没頭することなしには得ることが出来ません。人間が没頭出来るのは本能を満たしている時だけです。成長はいつだって本能とともにあるのです。
●羽生善治(はぶ・よしはる*将棋棋士)





2020/07/29 (Wed)

『プラス面だけを見る』
どんな出来事にも、プラスに見えるところとマイナスに見えるところが同居している。プラス面を評価するようになり、ものや人の見方が変わると、多くの人が笑顔で近づいてくるようになり、「奇跡」がたくさん起こる。
●小林正観(こばやし・せいかん*心学研究家)





2020/07/28 (Tue)

『面白がる』
いやなことがあったとして、楽しむのが無理でも、学びと捉えて、おもしろがることはできる。おもしろがるというのは、その経験を自分でコントロールする万能の調味料のようなもので、料理でも、仕事でも、本でも、人づきあいでも活用することができます。
●松浦弥太郎(まつうら・やたろう*暮しの手帖編集長)





2020/07/27 (Mon)

『縁起のいい演技』
調子の良いときの良い顔は誰でもできる。つらい時にでも良い顔が出きればいつでも笑顔でいられる。
●小林正観(こばやし・せいかん*心学研究家)





2020/07/26 (Sun)

『本気の思い』
これがやりたい、これが好きだっていう本気の思い。それを「やれたらいいな」ではなくて、「やる」と決めて前に進む。
●山田和昭(廃線寸前に追い込まれた鉄道をV字回復させた若桜鉄道前社長)





2020/07/25 (Sat)

『威張らない、怒鳴らない、怒らない』
どんなことがあっても威張らない、怒鳴らない、怒らない。コレは自分が謙虚であれば、必ず実践することが出来る。自分は間違っていない、自分が正義である、相手が間違っている、と思った時威張ったり、怒鳴ったり、怒ります。
●小林正観(こばやし・せいかん*心学研究家)






newoldmanagement

cgi-perl