2017/12/07 (Thu)

『心から希望を持つ』
どんなことも感謝してから受けとりなさい。なぜなら、希望から理由が生まれ、予兆から成功が生まれるのだから。だから、どんなことでも縁起のよいことや明るい兆しにしてしまおう。
●アラン(フランスの哲学者)





2017/12/06 (Wed)

『心配事』
もし問題が解決できるなら、心配する必要はない。もし問題が解決できないなら、心配しても仕方ない。結局、どちらにしても心配したところで何の得にもならない。
●ダライ・ラマ(チベット仏教最高指導者)





2017/12/05 (Tue)

『粘り強さ』
粘り強さは才能や知性、戦略よりも重要である。絶対にあきらめないことは大いなる美徳だ。
●マーク・レクラウ(「習慣を変えれば人生が変わる」著者)





2017/12/04 (Mon)

『尊い自己を持つ』
望ましい人生とは失敗や迷いのない人生ではなく、どんな困難にあっても、せめて自分を欺かずに、誠実に自己を大切に生きていく人生である。何もかも知りつくしている自己の前に、ひれ伏せるような尊い自己を持つ人生である。
●平澤 興(ひらさわ・こう*元京都大学総長)





2017/12/03 (Sun)

『成功する人』
成功する人は、与えられた縁、人間関係、仕事、環境の中に、徹底して価値を見出していく力が強い。
●月刊『致知』2017年11月号「一剣を持して起つ」より





2017/12/02 (Sat)

『好きになる』
仕事を好きになったこと、会社を好きになったこと、そのことによって今日の私がある。
●稲盛和夫(いなもりかずお*京セラ・KDDI創業者)





2017/12/01 (Fri)

『仕事の本質』
仕事の本質は人の役に立つこと、もしくは人の役に立つものをつくること。
●末石藏八(すえいし・くらはち*株式会社キシヤ会長)





2017/11/30 (Thu)

『心を今に向ける』
あなたはいつも「今」この時を生きている。問題はそのときを充実して生きるか、上の空で生きているかである。気ぜわしく過ごすか、落ち着いた心で過ごすかである。
自分の考え方に気づき、心を「今」に向けることができたとき、わたしたちはゆとりある考え方で、じっくりと仕事に取り組めるようになるのである。
●リチャード・カールソン(心理学者)





2017/11/29 (Wed)

『どうせなら明るく』
時には世を悲観し人を非難したくなる事もあるだろう。しかし、それが癖になると自らの人生を暗くする。どうせなら明るく行こうぜ。
●孫 正義(そん・まさよし*ソフトバンクグループの創業者)





2017/11/28 (Tue)

『人生』
人生は、その一割が自分に起こることで、残りの九割がそれに対する自分の反応である。
●ジェフ・ケラー(作家)






newoldmanagement

cgi-perl